熊本 高次脳機能障害の支援機関 | 熊本県高次脳機能障害者支援センター

トップページ > 高次脳機能障害とは:高次脳機能障害の原因と具体的な症状について

高次脳機能障害とは

高次脳機能障害について

より多くの方に高次脳機能障害を知って、理解を深めてほしい。

『高次脳機能障害』とは交通事故や脳卒中などで脳が損傷されると生じることがある、
記憶障害、注意障害、遂行機能障害や社会的行動障害のことです。
主な原因としては、以下があげられます。

原因となる主な疾患:1位 脳卒中/2位 脳外傷/3位 脳炎・脳症

以上のような病気や事故による入院、退院後に、家庭や職場に戻ってから、対人関係や社会生活において障害があることに気付くことが多く、外見からはわかりにくい障害であり、「見えない障害」ともいわれています。
そのような高次脳機能障害への理解と認識をもっと多くの方に深めてもらいたいと思い、私たち高次脳機能障害支援センターでは高次脳機能障害者への支援をおこなっています。

高次脳機能障害の具体的な症状

  • 記憶障害:新しいことを覚えられなくなったり、以前のことを思い出せなくなったりします。
  • 社会的行動障害:依存的になり、感情や行動を自分で調整することが難しくなります。
  • 注意障害:物事に集中できなったり、まわりのことが気になったり、気が散りやすくなったりもします。
  • 遂行機能障害:目標を決めて、計画を立てて実行し、その結果に基づいて行動することが困難になります。

---

高次脳機能障害の患者さんとその家族を支援するために平成20年から熊本大学医学部附属病院神経精神科に設置されました。

詳しくはコチラ

比較的若い年代の方にも多い高次脳機能障害。どのような原因で起こるのか、またその症状などを紹介させていただきます。

詳しくはコチラ

---

『高次脳機能障害』とは交通事故や脳卒中などで脳が損傷されると生じることがある、記憶障害、注意障害、遂行機能障害や社会的行動障害のことをです。退院後に、家庭や職場に戻ってから、対人関係や社会生活において重大な障害があることに気付くことが多く、外見からはわかりにくい障害であり、「見えない障害」ともいわれています。 そのような高次脳機能障害への理解と認識をもっと多くの方に深めてもらいたいと思い、私たち高次脳機能障害支援センターでは高次脳機能障害者への支援をおこなっています。