熊本 高次脳機能障害の支援機関 | 熊本県高次脳機能障害者支援センター

トップページ > ニュース・お知らせ:高次脳機能障害支援センターからのニュースやお知らせを紹介

ニュース・お知らせ

センターからのニュース・お知らせ

患者さんとその家族が安心して暮らしていけるため希望を持って社会復帰を目指せるために。

2017年10月のニュース一覧

Posted by 2017年10月30日 17:33 |

イベントのお知らせです。

『ヒューマン祭り 2017』
日時:11月12日(日)12時~15時半
場所:地域活動支援センターいんくる
   熊本市中央区白山2-4-1吉永ビル1階
※雨天時は11月19日に延期になり企画が変更になります。
出店:焼き鳥、焼きそば、おでん、唐揚げ、飲物、ゲームなど
主催:ヒューマンネットワーク熊本 TEL:096-366-3329

当事者活動としてご活躍されている、一ノ瀬たけしさんのライブもございます。
イベント詳細につきましては、下記ご参照ください↓
ヒューマン祭り 2017.pdf

↑このページのトップへ戻る

Posted by 2017年10月26日 18:27 |

長崎県にて高次脳機能障害の研修会を開催いたします。
関係機関の皆様をはじめ、多くの方々のご参加をお待ちしております。

日 時:平成29年12月2日(土)14:00~16:00(受付13:30~)

場 所:長崎県県南保健所 2階 研修室 
    長崎県島原市新田町347-9
    TEL 0957-62-3289

対象者:管内の医療機関、障害福祉サービス事業所、行政機関等の関係者

定 員:80人

参加費:無料

主催者:長崎県県南保健所、県南地域リハビリテーション広域支援センター

申込方法:長崎県県南保健所 地域保健課 TEL:0957-62-3289/FAX:096-282-3117
     
<研修会内容>
 講 演 「社会的行動障害の理解と対応」
      熊本大学大学院生命科学研究部 
        神経精神医学分野 准教授 橋本 衛         

↑このページのトップへ戻る

Posted by 2017年10月11日 18:27 |

高次脳機能障害講演会です。
関係機関の皆様をはじめ、多くの方々のご参加をお待ちしております。

日 時:平成29年11月5日(日) 13:00(開場12:30)~16:45
場 所:九州大学医学部 百年講堂
    福岡市東区馬出3丁目1-1 
主 催:福岡高次脳機能障害支援ネットワーク

お問い合わせ:福岡高次脳機能障害支援ネットワーク事務局(NPO法人 福岡・翼の会)
お申し込み  TEL : 092-662-5077 FAX : 092-662-5097
       http://www.f-tsubasa.org
       E-mail : koujinoukinousien@gmail.com
参加希望のすべての方の①お名前(ふりがな)②〒・ご住所③℡・fax④ご職業を明記の上、上記のfaxでお申し込み下さい。HPから申込書のダウンロードが可能です。
※先着順となり、定員に達し次第、申し込みが締め切りとなります。
※10月31日(火)までにお申し込みください。

<プログラム>       
13:20~ 講演『高次脳機能障害支援者の寄り添い方、当事者の歩み方』
       渡邉 修 氏
       (東京慈恵会医科大学附属第三病院リハビリテーション科 教授)

15:00~ シンポジウム『高次脳機能障害者と家族への支援』
パネリスト   渡邉 修 氏
 永吉 美砂子 氏(福岡県障がい者リハビリテーション センター長)
        松野 浩二 氏(福岡市障がい者基幹相談支援センター 相談支援専門員)
        石蔵 礼二 氏(石蔵病院 院長 精神保健指定医)
コーディネーター 森 あやこ 氏(福岡高次脳機能障害支援ネットワーク)

↑このページのトップへ戻る

« 2017年8月 | ニューストップページへ | 2017年11月 »

---

高次脳機能障害の患者さんとその家族を支援するために平成20年から熊本大学医学部附属病院神経精神科に設置されました。

詳しくはコチラ

比較的若い年代の方にも多い高次脳機能障害。どのような原因で起こるのか、またその症状などを紹介させていただきます。

詳しくはコチラ

---

『高次脳機能障害』とは交通事故や脳卒中などで脳が損傷されると生じることがある、記憶障害、注意障害、遂行機能障害や社会的行動障害のことをです。退院後に、家庭や職場に戻ってから、対人関係や社会生活において重大な障害があることに気付くことが多く、外見からはわかりにくい障害であり、「見えない障害」ともいわれています。 そのような高次脳機能障害への理解と認識をもっと多くの方に深めてもらいたいと思い、私たち高次脳機能障害支援センターでは高次脳機能障害者への支援をおこなっています。