熊本 高次脳機能障害の支援機関 | 熊本県高次脳機能障害者支援センター

トップページ > ニュース・お知らせ:高次脳機能障害支援センターからのニュースやお知らせを紹介

ニュース・お知らせ

センターからのニュース・お知らせ

患者さんとその家族が安心して暮らしていけるため希望を持って社会復帰を目指せるために。

Posted by 2014年8月29日 13:20 |

平成26年度 リハビリテーション心理職研修会実施要綱

1目的
 障害者の心理判定等業務に従事する職員を対象として、実務に必要な専門的知識及び技術を習得させ、その資質の向上を図ることにより、適切かつ効果的な業務の運営に寄与することを目的とする。

2主催
国立障害者リハビリテーションセンター

3期間
平成26年11月4日(火)~11月6日(木)

4場所
国立障害者リハビリテーションセンター学院(埼玉県所沢市並木4丁目1番地)

5定員
20名

6受講資格
 障害者支援施設、リハビリテーション病院等において、現に心理判定等の業務に従事する者。

7研修内容・申し込み
国立障害者リハビリテーション学院ホームページ(下記URL)をご参照ください。

8締め切り
平成26年9月26日(金)

9研修会の受講申し込み先、照会先等
〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地
国立障害者リハビリテーションセンター学院
℡04-2995-3100(内線2612) 
電子メール ml-gakuin-kensyu3@rehab.go.jp
URL http://www.rehab.go.jp/College/japanese/training/26train.html

↑このページのトップへ戻る

ニューストップページへ

---

高次脳機能障害の患者さんとその家族を支援するために平成20年から熊本大学医学部附属病院神経精神科に設置されました。

詳しくはコチラ

比較的若い年代の方にも多い高次脳機能障害。どのような原因で起こるのか、またその症状などを紹介させていただきます。

詳しくはコチラ

---

『高次脳機能障害』とは交通事故や脳卒中などで脳が損傷されると生じることがある、記憶障害、注意障害、遂行機能障害や社会的行動障害のことをです。退院後に、家庭や職場に戻ってから、対人関係や社会生活において重大な障害があることに気付くことが多く、外見からはわかりにくい障害であり、「見えない障害」ともいわれています。 そのような高次脳機能障害への理解と認識をもっと多くの方に深めてもらいたいと思い、私たち高次脳機能障害支援センターでは高次脳機能障害者への支援をおこなっています。